がんが潜んでいることもある「ほくろ」について解説

不自然なほくろに注意

ほとんどのほくろは良性のものと言われており心配する必要はないのですが、まれにがんに関係しているようなほくろが発生することもあります。ここではがんに関係するほくろをご紹介していきます。

がんとほくろ

鏡を見る人

末端型のほくろ

気付いたら足の裏、手のひらといった珍しい部分にほくろができたという場合があります。このような場合、悪性のほくろである可能性があると言えるでしょう。末端型のほくろを放置するとその部分が固くなってきたり、炎症を起こすようなこともあります。不自然なほくろが出来た場合には、早めに大阪の皮膚科を受診することがおススメです。

拡大型のほくろ

ほくろが出来たかと思えば、どんどん成長していくようなケースがあります。大きくなるだけでなく、隆起するような事もあるでしょう。このような拡大型のほくろも悪性の場合があります。拡大型のほくろを放置していると、肌にほくろの色素がにじみ出しているような見た目となることが多いでしょう。

気になるほくろが出来たら

どこかいつもと違うほくろが出来たなと思っても、一般の方がそれを良性か悪性か判断することは非常に困難なものです。したがって気になるほくろが発生した場合には、すみやかに大阪の皮膚科を受診し医師に判断してもらうことが大切となります。悪性のほくろは早期発見と早期のほくろ除去が重要となってくるのです。

広告募集中