まぶたのたるみに対する治療方法をご紹介します

加齢だけではない!

肌がたるむ原因と言われると、老化現象と結びつけてしまいがちですよね。しかし肌がたるんでしまう原因は加齢だけではないのです。ここではたるみが発生してしまう原因についてご紹介します。

たるみの原因とは?ベスト3

no.1

肌の機能が低下している

加齢や紫外線、私生活の影響によって肌の機能が低下してしまう事があります。そのような場合、たるみが発生してしまうことがあるでしょう。肌の内部の組織が壊れてしまったり、ヒアルロン酸といった潤い成分が減少してしまうことでたるみが発生してしまうのです。

no.2

筋肉が衰えている

頬や瞼の筋肉が衰えてしまうと、たるみが発生してしまう事があります。筋肉が衰えることによって肌をしっかりと支えることが出来なくなり、下へ垂れ下がってしまうのです。筋肉の衰えによってたるみが発生している場合、表情筋を鍛えることによって改善させることが出来るでしょう。

no.3

姿勢が悪いこと

猫背といった姿勢を取り続けていると皮膚に緩みが発生し、垂れ下がってしまう事があります。そのため若い世代であってもたるみといった症状に悩まされている方が多いと言えるでしょう。

まぶたのたるみ治療

相談

長持ちする切開法

まぶたのたるみを改善させる治療方法として、切開法があります。切開法は一度施術を受けてしまえば、永久的にまぶたの状態を維持することもできる方法と言えます。メスを入れる方法となりますから、仕上がりなどを良く確認する必要があるでしょう。

気軽な埋没法

肌への負担を最小限にし、気軽に施術を受けることが出来るたるみ治療として埋没法があります。埋没法は針と糸を利用した治療となっているため、施術の時間も比較的短いものとなるでしょう。一度治療と受けると、3年程度持つと言われています。

眉の下を切開する

眉の下を切開し、皮膚を取り除くことでたるみ治療を行うケースがあります。この治療法でのメリットは、傷跡が気になるといった方におススメ出来る方法となります。直接まぶたに対して治療を行う訳でもないので、仕上がりも自然になることでしょう。

眼瞼下垂の手術

目が上手く開かなくなることを眼瞼下垂と言います。このような症状が現れた場合には瞼の筋肉に対して手術を行ったり、つり上げといった手術を行う必要があるでしょう。手術を受けることによって目がきちんと開くようになりますし、その見た目も改善させる事ができます。

広告募集中